医者

癌甘く見てはならない|転移する前に発見する手段

このエントリーをはてなブックマークに追加

先天性な脳血管の病気

病棟

毛細血管が先天的に形成されず、脳内の動脈と静脈が繋がっている状態を脳動静脈奇形と言います。脳動静脈奇形は他の脳疾患を引き起こしてしまう可能性があるため、早期治療が必要になります。外科手術によって奇形化した血管を摘出する、またはカテーテルを用いた血管内手術を行なうか、ガンマナイフでの放射線治療が主流です。

読んでみよう

細胞を使う治療

看護師

プライマリーセルは人間や動物の身体にある細胞で、初代の細胞と呼ばれるものです。この細胞は治癒力を高めるので、一度採取して数を増やしてから戻すことで病気などを治癒することが可能になります。研究が続けられているので、今後更に使われる分野が広くなっていくことが予想されます。

読んでみよう

悪性腫瘍の手術をしたら

医者

治療と食事で免疫力アップ

癌は一旦回復しても、転移がつきものです。完全に予防することはできませんが、治療次第で転移しにくくする方法はあります。たとえば手術後の抗がん剤や放射線治療は、その代表的なもので、癌の切除後体のあちこちに散らばっている細胞を、死滅させる働きがあります。その他には漢方薬を使ったり、免疫療法といって、自分の免疫細胞を増殖させて治療に用いることもあります。また日常生活の中で、免疫力を上げる食生活をすることで、癌を転移させにくくすることもできます。トマトや玉ねぎなど、ポリフェノールやアリシンの多い食物や、スルフォラファンなどの辛味成分を含む食物、たんぱく質などはお勧めです。その反対に、脂質の多い食物は避けるようにしましょう。もちろん塩分の強い食事やタバコもよくありません。

体のチェックを怠りなく

肺や胃、あるいは膵臓や大腸にできた癌や乳癌などは、特に転移しやすいといえます。転移先は内臓や脳、骨などが多いので、これらの癌に罹ったことがある場合は、特に注意するようにしましょう。もし転移先が一か所のみで、小さな腫瘍であれば、手術で治療することも可能です。それから転移先によっては、最初にできた癌とはまったく違う症状が出ることもあります。たとえば最初は肺にできたため、咳が止まらない、あるいは痰に血が混じるという自覚症状があったのに、それが肝臓に転移したことで、全く違う症状が現れることがあります。ですから一度癌に罹ったら、回復後も常に体の不調についてチェックし、定期健診を受けるようにしましょう。特に腫瘍マーカー検査は、転移かどうかを見極める目安となりますので、必ず受けるようにしましょう。

外科での専門的な検査

病院

乳がん検診も、より、確実な診断に繋げるために様々な検査項目が増えています。この結果、がんへの不安をぬぐい去ることのできない女性側の精神面も安定し、ストレスが少ない中で検診が行える利点も挙げられています。

読んでみよう